有機JAS認定

有機JAS認定とは

JAS

世界的にオーガニック食品への関心が高まる中、2001年4月1日に発効した改正JAS法により国内で販売する農産物や農産物加工食品に「有機」又は「オーガニック」と表示するには、有機JAS認証機関による認定を取得する義務が課せられました。

有機JAS法制定以前はオーガニックの基準や認定方法が曖昧なことに加え、規制もなく誤解を招く表示も多かったのです。 例えば「有機栽培で作りました!」とあっても無農薬で栽培ながら化学肥料を使用している、や、無農薬有機栽培でありながら洗浄剤や保管場所でくん蒸(煙による殺虫)を行っている、といった事態が頻繁にありました。
法的な規制がなく、オーガニック表示も自由だった為ですが消費者の健康や食の安全性に対する関心が高まり、適切な表示への見直しを測る必要があったのです。こうした背景から日本でも有機JAS制度の導入により有機農産物・加工食品の基準を明確にしました。

有機JASマークの法的規制

オーガニックの基準を満たした製品と、そうでない自称オーガニックを区別する為に定められた有機JAS法により、日本では認定業者による格付の表示(有機JASマーク)が付されたものでなければ「有機○○」や「オーガニック○○」の商品表示をすることはできません。
この規定に違反した場合には、農林水産大臣による名称の表示の除去・改善命令の対象となり、これに従わない場合には50万円以下の罰金が課せられることになります。

有機JAS規格についてさらに詳しくお知りになりたい場合は農林水産省ホームページをご参照ください。

有機JAS規格(農林水産省:有機農産物の検査認証制度)
食品表示とJAS規格(農林水産省)